<< 木玉みがきWS バーンビレッジ磐田〜和みX&#... >>

今年も...

d0217710_21412899.gif
            2012年も木削り。(サクラ)

            ゆっくりと

            楽しく

            今年も宜しくお願い致します。
[PR]
by fukumuku-s | 2012-01-05 21:48 | ゆっくりと木を削る | Comments(5)
Commented by トニー at 2012-01-08 11:17 x
今年もよろしくお願いします。
木磨き、やってみました。
フォルムを出す段階で、形が怪しげに・・・。
でも、面白そうな形だったので、そのままサンダー。
途中でダンボール紙とか発泡スチロールとかに当ててやるのがいいことに気が付き、しかもタオルとかを下に敷いたほうがいことにも気が付きました。膝の上でもいいですが。
2つ作りました。
1つは握り用。
もう人るはダルマ系。
自分のセンスに驚愕!ってか(うそ)。
2女も400番段階で喜んでやってました。
でも、320番段階で削りすぎに若干のショック。
削ったところは戻らないことに再ショック(当たり前か)。
でも、
最終的に良い曲線に修正できたようで、気分も上々でした。
しばらく触っていたら、赤ちゃんの肌のようで心地良いらしい。
さて、課題は最初のフォルム形成の削りです。
途中で再削りをかけたのですが、削りすぎますね、素人は・・・。
基本形の削りテクをまずマスターしたい!
まあ、家にあったカッターナイフでやった私も私ですが。

とにかく楽しかったですね。

今度、基本部分、基本フォルム削り出しの感覚を教えて下さいね。
Commented by トニー at 2012-01-09 10:18 x
木磨き。自分なりのコツが分かって来ました!
やはり最終的には、親指と人差指の感覚での仕上げ!
滑らないように両面テープで、サンドペーパーとゆびをくっつけて、圧力を変化させながら磨いていく仕上げ。

その他に、細かなテクがあると思いますので、
専門テク、高度テク
また教えて下さいね。
Commented by fukumuku-s at 2012-01-09 22:08
トニーさん
こちらこそ今年も宜しくお願いします。
専門テク、高度テクなんてないですよ〜
トニーさんの方がよっぽど専門テクな感じです!笑
まあ、サンドペーパーを両面では付けてませんが、指の感覚で仕上げるという感じが一番しっくり来ますね〜
削る事、磨く事、両方に言える事ですが自分としてのテクニック(コツ)は、『ゆっくりと』これだけです。
ゆっくりと木を削り、ゆっくりと木を磨く、そうすればどうすべきか木が教えてくれます。
木は固いと思えば固く、柔らかいと思うと柔らかく。
急ぐ(強く)といやがり、穏やかにすれば、木が教えてくれる。
こんな感じです。笑

まあ、木は素材では無く、存在(それぞれ個性があるので)と考えると解りやすいですかね〜、相手も生きているので(人間関係とも同じですかね)ひとつの方法では語れないという感じです。
それぞれの木に合ったやり方があるので、ゆっくり削りながら木に聞いてみなければ僕も解りません。

では、こんど磨いた木玉見せて下さいね、楽しみにしています。

Commented by トニー at 2012-01-11 20:41 x
知り合いに見せたら、欲しいといってもらえました。
第1号なので差し上げたいけど、それは無理。親としては・・・・。こんな感じでっせ。
ん、ん悩ましい。

また、テキトーな大きさの端材を探しに行ってこようっと。
なんかいい杢目が出そうなのがあったら、紹介して下さいね。
Commented by fukumuku-s at 2012-01-11 23:01
トニーさん
そうなんですよ〜愛おしいんですよね。
なかなか嫁に出せなくて....商売になりません。笑

写真見ましたけど、良い感じですね!
良い木は難しいですね〜みんなそれぞれの良さがあったりしますから...
また何かあればご連絡します。
<< 木玉みがきWS バーンビレッジ磐田〜和みX&#... >>